不動産投資は普通のサラリーマンでも可能

不動産投資と言うと、広い土地を持っている地主とか、多額の資産を持っている資産家などが行うものと思っている人もいますが、そんなことはありません。
普通のサラリーマンでも行うことができます。

他の投資と違って不動産投資の場合、投資用物件を購入する必要があります。
その費用は多くの場合、銀行などからの借り入れで賄うのが一般的です。銀行からお金を借りるにはそれなりの信用力が必要となります。

例えば、無職の人の場合、基本的にはお金を借りることはできないでしょう。
その点、サラリーマンは給料という定期的な収入があるので、金融機関から高い評価をしてもらえる可能性があります。ですから、むしろサラリーマンのほうが、不動産投資に適していると言えます。

物件管理にはそれほど手間はかかりませんので、片手間の副業で十分できると思います。
ただ資金がまったくないということでは、投資を始めることが難しくなります。ですから、貯金に励んだりして、一定の資金を貯める努力は必要となります。

物件の費用には本体価格以外に諸費用も掛かります。
フルローンを組んだとしても、この諸費用分は自分で支払うのが普通です。
もし、不動産投資をしてみたいのであれば、先ずは貯蓄が第一歩となります。